EMSを続けている院長のその後。

こんにちは、清原です。

当院の院長。

本当に、尊敬すべきすごい人なんです。が、いつの間にかいい年になりまして。

人付き合いも多く、3年前まではあちこち出掛けまくっていたのですが、コロナ禍で外出が激減。

2年前には、2人でしょっちゅうお出かけしていた夫(当院の外科医)を亡くし、外出の機会がさらに減ってしまいました。そのせいか、しばらく歩いただけで「腰が痛い」と言い出すようになってしまいました。このままではイカンと思い、あれこれ調べてこちらのEMSを購入しました。

院長はこつこつ使ってくれています。

最近は「用事でしばらく立ってなあかんかったんやけど、腰が痛くならなかったわ」と言ってくれました!

この機器は、みなさんにもお使いいただけます。院長は歩くための筋肉を鍛えてもらっていますが、どこの筋肉でも鍛えられます。パッドを装着し、20分間寝てるだけです。(ただし体内に金属の入っている方はご利用いただけません)

暖かくなり、外出の機会も増えてきます。コロナの行動制限も緩和されていますし、今は梅が見頃です。

ぜひご相談くださいね。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.