2~3月の皮膚には乾燥、花粉・黄砂、紫外線にご注意。

こんにちは、清原です。

寒さも少しずつゆるみ、春が待ち遠しい時期になってきましたね。

しかしこの時期は肌トラブルが増えやすい時期でもあります。

①乾燥

気温が低いと血流が不足し、肌の角質細胞間脂質が減り、乾燥の原因となります。そのためバリア機能が低下し、肌が敏感になってしまいます。高保湿タイプの基礎化粧品を使用し、洗顔の際もゴシゴシこすらないようにしましょう。

②花粉・黄砂

花粉・黄砂なども飛び始めています。乾燥でバリア機能が低下した肌には刺激となり、肌荒れの原因となります。保湿ケアを行い、規則正しい生活や食事の見直し(スナック菓子やレトルトを減らす)など、アレルギーに強い体つくりをしましょう。

③紫外線

まだまだ寒い日もありますが、紫外線量は3月から増えてきます。うっかり日焼けからのシミやくすみを防ぐため、日焼け止めを塗りましょう。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.