肌や髪のためにも、タンパク質を。

こんばんは、清原です。

指先がかさついてきましたー。若い頃は何もしなくても荒れなかったのに、今はちょっと涼しくなるとかさついてきます。

時々ジムに行っていて、マシンを使い終わった後にダスタークロスにアルコールを吹きかけて拭くんですが、それがどうしても指先を使ってしまうんですよね。指先のかさつきがなかなか改善しないのはそのせいかなあ。家事もするし・・・。頑張って保湿します。

そしてタンパク質も意識的に摂るようにしています。

タンパク質は筋肉を作るだけでなく、皮膚のハリツヤ、弾力に関係するコラーゲンやエラスチンも、髪の毛の主成分であるケラチンも、タンパク質から構成されています。つまりタンパク質が不足すると、肌が乾燥したり、たるみやすくなったりしますし、傷も治りにくくなります。

タンパク質を上手に摂るには

①タンパク質を含む食品を食べること。

②プロテインを摂取すること。

の2点を意識しましょう。

①の注意点としては、一度に大量のタンパク質を食べるのではなく3食に分けて食べること、なるべく動物性と植物性の両方を食べることが大切です。肉類も脂身が多いとタンパク質の割合が減るので、できるだけ赤身がオススメです。

②は、ぜひ取り入れてください。私は3食きちんと食べてるつもりですが、それでもタンパク質が足りていません。今はジムのインストラクターさんに1日3回プロテインを摂るといいですよと言われ、1日1回だったのを2~3回摂るようにしています。

当院で取り扱っているヘンププロテインは牛乳や大豆アレルギーの方も摂っていただけます。

マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルも豊富な優れものです。味はきな粉のようでおいしいですよ。まずはおたずねくださいね。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.