糖質を摂っても疲れが取れないのは・・・

こんにちは、清原です。

「疲れた時は甘いものが一番」と言われていますよね、でも実は現代社会においては逆なんです。糖質を摂りすぎると、疲れが取れなくなるんです。

理由①ビタミン不足になる。

ビタミンB群は、体内のエネルギー代謝を助ける働きもある重要な栄養成分です。エネルギー代謝がうまくいかないと、食べた物をエネルギーに変えることができなくなります。その結果、体内の細胞が十分に活動できなくなり、疲れがたまってしまいます。中でもビタミンB1は甘いもの(糖質)をエネルギーに変換する時に重要な栄養素です。摂取している糖質量が多いとこのビタミンB1もどんどん使われていき、体内にあるビタミンの量も減ってしまいます。

理由②低血糖を起こしている。

甘いもの(糖質)をたくさん食べると血糖値が上昇し、インスリンが分泌されて血糖値が下がります。ただし、この「糖質過多⇒インスリン過剰分泌」の流れが日常化すると、インスリンを分泌する膵臓が疲弊していき、正常な量のインスリンを分泌できない(=インスリンが過剰に分泌される)という状態になってしまい、その結果、必要量以上に血糖値を下げてしまって「低血糖」になってしまうのです。低血糖による照応は、疲労、食後の眠気、集中力の欠如などがあります。

糖質、つまり炭水化物は三大栄養素にも含まれている重要な栄養素です。不足も避けなければいけませんし、主食のご飯などはしっかりと食べていただきたいですが、砂糖のたっぷり入っているお菓子やジュースなどは、お疲れの方ほど避けていただきたいものです。

でも「甘いものがやめられない」方もいらっしゃると思います。でもそれ実は「糖質中毒」です。糖質は実は依存性が高いんです。

この話はまた後日。。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.