石鹸作り

こんにちは、清原です

ここ数年、石鹸は手作りしています。

きっかけは、産総研関西センターの一般公開です。

高校理科系クラブ研究発表で、教育大付属池田高校が手作り石鹸を発表していて、石鹸って作れるんや!って思ったのがきっかけなんです。いろんな高校が一生懸命、夏休みに準備したんだろうなあという研究発表をしてくれます。

産総研の一般公開は盛りだくさんの楽しいイベントですが、コロナ禍以降やっていません。また再開してほしいものです。

個人的には、寒川旭先生の地震のお話に感銘を受けました。また拝聴したいです。

そして石鹸の話に戻ります。

石鹸は、水と油と苛性ソーダ、この3種類で作れますよー。

(苛性ソーダは劇薬なので、取扱注意です。)

ボウルに油を測り入れ、ガラス瓶に苛性ソーダ水を作って温度を合わせて

DSC_1950

(油のオレンジ色は、レッドパーム油の色です。)

シンクでそーっと注いで

DSC_1951

20分間休まず混ぜます。鹸化が起こって、水と油が混ざります。

DSC_1953

今回は息子の自由研究でもあるので、息子がまぜまぜ。手につかないように気を付けてね。

もう色が変わってきてますね。だんだんとろーっとしてきます。

今日はここまで~。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.