生命を守るしくみ、オートファジーとは。

こんにちは、清原です。

今日は久しぶりにオートファジーのお話。

2016年に大隅良典教授がノーベル生理学・医学賞を受賞されたので、名前くらいはご存知の方もいらっしゃると思います。

日本語では自食作用と呼ばれています。

要するに細胞の中にある、不要な物質を自ら分解する機能のことです。細胞を一度壊して新しく造るのではなく、一部手直しなので「細胞のリフォーム」と考えてくださったらいいと思います。不要な物質とは、細胞の中の破損した小器官や、細胞内に入り込んだウイルスなどのこととなります。

近年、オートファジーが発がん、神経変性疾患、2型糖尿病等の生活習慣病、心不全、腎症、感染症、各種の炎症など、さまざまな重要疾患の発症を抑止していること、また発生・分化、老化、免疫などにおいて重要な生理機能を持つことが明らかになり、オートファジー研究は現在大きな注目を集めています。

そしてオートファジーはダイエットの観点でも着目されています。これは、私が勉強し実践しているファスティングにもつながりがあります。

オートファジーダイエットにつきましては長くなりそうなので、

続く・・・。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.