父の死、そして

2021年1月2日、突然の呼吸困難で父は緊急入院となりました。

診断名は、間質性肺炎の急性増悪。

精査により、深刻な状態だとわかりました。

父は全てを察したように落ち着いていて、かなり早い段階で、母に亡くなった後のことを書き遺していたようです。

父はもともと、「つらい」も「苦しい」も「疲れた」も言わない人でした。

そんな父にラインで「具合はどう?」と聞くと「しんどいです」と返ってきました。

その時は、よほどしんどいんだなとしか思わなかったのですが、

今となっては私に「覚悟をしておくように」と、伝えたかったのかなと思います。

厳しい状況だと分かっていても、私たち家族は奇跡を信じ、祈り、待ちました。

もしかしたら劇的に薬が効いて元気になるかもしれない。

もしかしたら・・・もしかしたら・・・。

そう願っていましたが、

やがてラインの返事が来なくなり、

既読もつかなくなり、

2021年1月15日、天国へと旅立ちました。81歳でした。

父らしい、カッコいい最期でした。

父亡き後、本当にたくさんの方たちに支えていただきました。

この場をお借りして感謝申し上げます。ありがとうございました。

おかげで私たち家族は、前を向いて歩くことができています。

特に母は、本当によく頑張っていると思います。

両親が大切に守ってきた早川医院を、これからは私がやっていく番となりました。

今はそれに向けて準備しているところです。

頑張りますので、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.