漢方薬の勉強会でした。

こんばんは、清原です。

今日は漢方薬の勉強会を院内で行いました!どんな職業でもそうだと思いますが、日々勉強が必要ですよね。勉強させていただけて本当にありがたいです。漢方薬と言ってもいろいろありますが、その中で、今回の勉強会でチョイスした薬剤は2種類。いずれもテーマは「にきび」です。

まずは十味敗毒湯。

写真は1日2回内服の細粒です(1日3回内服もあります)。

化膿性皮膚疾患に適応があるため、皮膚科では尋常性ざ瘡(にきび)で、最もよく使われています。

治療の初期から十味敗毒湯にアダパレン(ディフェリンゲル)やクリンダマイシン(外用抗菌薬・ダラシンゲル)などを併用し、改善が認められるとの報告があります。

尋常性ざ瘡以外には、蕁麻疹、掌蹠膿疱症などに使用されています。

もう1種類は柴苓湯。

写真は1日2回内服の細粒です(1日3回内服もあります)。

皮膚科では、嚢腫性ざ瘡(うんだにきび)、ケロイド・肥厚性瘢痕での使用例が多いです。

つまり、赤いにきびには十味敗毒湯が使われますが、うんだにきびやにきび痕には柴苓湯が効果があります。

漢方薬でにきび治療をお考えの方は、ぜひご相談ください。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.