日焼け止めは「重ね塗り」で効果が発揮できます。

こんにちは、清原です。

日焼け止めのSPFとかPAってありますよね。実はメーカーさんは、日焼け止めを「けっこうたくさんの量」を塗った時に測っているんです。

具体的に言いますと、SPFの数値は「日焼け止めを2mg/cm2あるいは2μl/cm2の厚さで塗った状態」で測定されています 。これよりも日焼け止めの使用量が少なければ、「SPF ○○」という本来の効果は得られません。ほとんどの人が、少なすぎると言われています。

でも一度にたくさん塗ることはできないですよね。なので「重ね塗り」をしてください。

顔に塗る場合、クリームタイプなら「パール粒の大きさ」、液体タイプなら「1円玉1個分」の日焼け止めを額、鼻の上、両頬、アゴの5か所に分けて順に置いていきます。それらをまんべんなく丁寧に塗り伸ばしてください。

そしてそれをもう一回繰り返します。重ね塗りです。こうすることで、ムラなく十分な量の日焼け止めを塗ることができます♪

これからは日差しが気になる季節です。紫外線からしっかりお肌を守っていきましょう。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.