悩ましい赤ら顔・・・酒さについて。

こんにちは、清原です。

今日は酒さについてです。

酒さとは、主に頬・眉間・鼻などの部位に、赤みやぷつぷつなどが生じる慢性の皮膚疾患で、原因は不明です。

酒さの症状は、一般的に3段階で症状が進行していくとされ、

第1段階が「紅斑・毛細血管拡張型」

第2段階が「丘疹(きゅうしん)・膿疱(のうほう)型」

第3段階が「腫瘤(しゅりゅう)・鼻瘤(びりゅう)型」となります。

近年は早めに受診される方が多く、第1段階までの方がほとんどです。

難治性疾患で、お悩みの方も少なからずおられましたが、今年になって、ロゼックスゲルが保険適応となりました。

今まではニキビ治療に準じた治療を行っていましたが、効果がそれほど良いとは言えず、かなり根気が必要でした。お顔なのでとても気にしていらっしゃるし、治りにくい・・・でも治っていただきたくて、悩ましい疾患でした。ロゼックスゲルは、今までの治療よりも効果が期待できます!

また、毛細血管拡張が治りにくかったら、フォトフェイシャルもオススメです。

毛細血管拡張、赤ら顔に効果のある波長の光を当てることができます。これもよい効果が期待できます!こちらは自費になります。

よかったらご相談くださいね。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.