受験フード☆質の良い脂質を!~脳の6割は脂質でできています~

こんにちは、清原です。

ファスティングの勉強をしたことがきっかけで、子供に特化した食事のことも勉強したくなり、受験フードマイスターの資格も取りました。

受験前のこの時期、「子供がなかなか勉強に集中できない」というお悩みをお持ちの親御さんは多いと思いますし、親御さんだけでなくお子さん自身も「集中したいのにできない」悩みを抱えてると思います。

私から「食事でお子さんを支える」お手伝いとして、特にお伝えしたいのが脂質のこと。

ダイエット目的で脂肪分を控えるお年頃の受験生もおられると思いますが、脂質はとても重要な栄養素です。なぜなら、脳の6割は脂質でできているからです。

かつて「魚を食べると頭がよくなる」という歌が流行りましたね。魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)は脳の神経回路に必要な栄養素の1つです。近年は、このDHAが不足するために、キレやすい子供が増えたと言われています。アマニ油やえごま油もオメガ3系です。熱で壊れやすいので炒め油には使用せず、サラダなどの食事にかけて食べてくださいね。

質のよくない油を含む食品として、スナック菓子、お惣菜、外食、加工食品などがあります。安価で手に入りやすいオメガ6系の油が使われていることが多いです。オメガ6系も体に必要な油ですが、摂りすぎると炎症を起こしやすくなったり、うつ傾向になりやすくなります。例えばアトピー性皮膚炎の方など「炎」がつく疾患をお持ちの方は控えるべき油となります。安価なキャノーラ油よりも、オリーブ油や米油がオススメです。

大切なのは、オメガ3系と6系のバランスです。オメガ3系:オメガ6系=1:2~4が理想と言われていますが、食の欧米化が進んだ現代の日本人は1:20以上と言われています。

私からの提案は、受験生はスナック菓子は一切食べないことです。お惣菜や外食はどうしても摂り入れる時があると思いますが、スナック菓子は我慢できます。一度くらいいいかな~と思うかもしれませんが、一度でも食べると、食欲が爆発し、また食べたくなります。おやつ・間食はおにぎりやバナナやナッツがオススメです。かき込まずによく噛んで食べましょう。

受験生のみなさん、がんばってください!

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.