冬でも水虫?

こんにちは、清原です。

「夏だけ水虫」の方、時々いらっしゃいます。

「いつも夏だけ水虫になって、冬は治るんです。今は治っていますが、あったっかくなると、また出てきます。」

そう思いますよね、それが実は・・・

夏が過ぎ秋になると白癬菌の増殖が止まり、その数が減ってきます。白癬菌は角層の下にまで増殖しないと、痒みや水膨れといった症状を起こさないので、白癬菌が少なくなると、治ったように見えます。つまり冬には白癬菌が少なくなって、症状が出なくなっているだけで、白癬菌は残っています。白癬菌が残っていると、春から夏にかけて高温多湿の季節になるとまた白癬菌は増え、足白癬の症状が出てきます。

以上、日本皮膚科学会のQ&Aの抜粋です↑

つまり、「夏だけ水虫になる」方は、冬も目立たないだけで水虫が残っているということです。

水虫治療のゴール設定は、我々でも難しいです。

蒸れやすい靴(長靴、安全靴など)を日常的に履いている方や、家庭内に水虫の方がいる場合など、治りにくいケースもあります。

家庭でできるケアとしては、毎日足を洗うこと。石鹸を使ってなでるようにゆびの間もきれいにしましょう。白癬菌が皮膚内に侵入し、感染が成立するまで最低24時間かかるので、24時間以内に足を丁寧に洗えば移りにくいです。家庭内に足白癬の方がいる場合は、スリッパや足ふきマットの共用を避けてください。

靴のケアとしては、靴を2足用意してローテーションしていただき、履かない日の靴はしっかり乾かすといいでしょう。

また、白癬菌は髪の毛、垢、ほこりにまみれて部屋のすみなどに残ってしまいます。掃除、換気もがんばりましょう。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.