ミトコンドリアは体内のエネルギー工場です

こんにちは、清原です。

今回は、オートファジーの回で触れたミトコンドリアのお話です。

細胞小器官の1つで、ATPというエネルギーを産生している器官です。

高校の生物の教科書の細胞の模式図では、カプセルのような形で、細胞内に1個か2個書かれていましたよね。

ところが、本当は糸のような形をしていて動き回り、ひとつの細胞になんと数百個から数千個存在しています。

驚きですね。

ミトコンドリアは何を使ってエネルギー産生をしていると思いますか?

それは、食事によって得られる栄養素と、酸素を使ってエネルギーを産生しています。

こう聞くと、食事ってやはりとても大事なものだと分かります。

焚火をすると炭ができるように、ミトコンドリアがエネルギーを産生する際も副産物が発生します。それが活性酸素です。

活性酸素には、強い酸化作用があります。

酸化はしみ、しわなどの老化を促進させますが、それだけでなく癌、糖尿病や脂質異常症、動脈硬化などの生活習慣病の原因にもなります。

ミトコンドリアがエネルギーを作る際に、どうしても活性酸素ができてしまうのですが、その量が少ないと、私たちの体が持っている「抗酸化作用」によって、活性酸素を抑制させることができます。

しかしミトコンドリアが少なくなったり、衰えたりすると、活性酸素がたくさん漏れ出してしまい、制御できなくなるんです。それが、病気につながっていくんですね。

でもミトコンドリアは増やせるの?元気にできるの?

続きはまた次回に。。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.