ビタミンCの内服薬、シナールについて

こんにちは、清原です。

今日はビタミンCの内服薬、シナールのお話です。

ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれます。体内で様々な働きを担っているビタミンですが、人の体の中では作ることができないので、食事から摂取する必要があります。

シナール配合錠は1錠中にビタミンC(アスコルビン酸)を200mgとパントテン酸を3mg含みます。

効果としては

☆メラニン色素の生成を抑制

メラニンの生成を抑えることで炎症が原因の色素沈着やシミができにくくなります。

☆抗酸化作用

酸化よって体の細胞が傷つけられるのを防ぎ、細胞の老化を防ぐ働きがあります。

☆コラーゲンの生成

コラーゲンはタンパク質の一種です。コラーゲンはタンパク質の約30%を占めており、私たちの体を構成する上で重要な成分です。特に肌に多く含まれており、肌の健康を保つのに必須のタンパク質です。コラーゲンが不足すると、肌のバリア能力が失われ、ニキビや肌荒れの原因になります。そしてビタミンCはコラーゲンを合成するために必須のビタミンです。

肌のための万能選手のビタミンCは体の外からも内からもしっかり補給したいですね!水溶性ビタミンなので、摂りすぎの恐れがないことも嬉しいです。

シナールは美容目的の処方は保険適応外となり、90錠(30日分)1000円です。別途初診料or再診料がかかります。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.