タンパク質不足でも冷え性になります。

こんにちは、清原です。

冷え性で悩んでる私が最近学んだこと、それはタンパク質が不足すると冷え性になるということです。

確かに、特殊な機械で計測するとタンパク質が少ないと出るんですよね私。体重は増やしていいから筋トレをしなさいと言われます わはは(←笑いごとではない)。

食事でも摂ってるし、昨年秋からアミノマキア(アミノ酸のサプリメント)やヘンププロテイン(麻の実のタンパク質で、必須アミノ酸9種類がすべてそろっている)を摂ってますが、まだまだ足りないようです。体系はやせ型で、筋肉がつきにくい体質です。

お肌の調子はいいし、髪も根本の方は潤って来てますが、冷え性はまだまだ克服できません。

そして、糖質を摂りすぎも冷えの原因になります。冷え性の人は、タンパク質を増やして糖質の過剰摂取を控えましょうね。

タンパク質の1日の必要量ですが、男性で約60g、女性で約50gです。消化吸収が一度に大量にできないので、1度の食事で一気に摂るのではなく、何回かに分けて摂るのが理想的です。

肉や魚からは、100gあたり約20gのタンパク質が摂れます(ただし、脂肪分が多めの肉だとタンパク質の割合は減って脂質の割合が増えます)。卵は1個6g、納豆50gあたり8g、木綿豆腐150gあたり9.9gとなります。

そしてタンパク質は動物性と植物性があります。

☆動物性タンパク質は、効率よく摂取できますが脂質が高めです(肉、魚、卵、チーズ)。

☆植物性タンパク質は、含まれる量は少ないですが、脂質は低めです(大豆製品、ブロッコリー、アスパラガス、芽キャベツ、アボカド、枝豆)

健康的にタンパク質を摂るには、動物性と植物性のタンパク質を1:1で摂ることが理想的です。

食事の量も、私はちょっと少ないようなので、これから少しずつ量を増やしてみます。食事をしっかり摂ったら、甘いものもほしくなくなるし一石二鳥♪この年だとやせすぎもよくないし(しわが目立つのよ😿)。

筋トレもしないとなあ・・・。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.