タンパク質の摂り方

こんにちは、清原です。

昨日のタンパク質の話の続きです。

肌のハリや弾力を生み出すコラーゲンやエラスチンもタンパク質でできているので、足りなくなるとシワやタルミの原因になります。

老化を促進させないためにも、タンパク質はぜひしっかり摂りたいですね!

さて、タンパク質を摂ると言っても、1日にどれくらい必要なのか?

だいたい50~60gです。

そしてそれは一気に摂るのではなく、1食あたり20gくらい摂るのが理想的です。

多すぎると体内で利用しきれず、余った分は排出されますし、少なすぎるとアミノ酸の血中濃度が上がらず、筋肉が合成されなくなります。

目安としては、肉や魚だと100gくらいでタンパク質16~20gくらい、牛乳、豆乳だとコップ1杯で6~7g、卵1個で7g、納豆1パックで8gです。ご参考までに。

タンパク質にもそれぞれ特徴がありますので、いろんな種類のタンパク質を摂ってください。

例えば、動物性タンパク質は必須アミノ酸を多く含みますが、脂質も多いです。

植物性タンパク質は必須アミノ酸は少ないですが、脂質も少ないです。

動物性タンパク質:植物性タンパク質=1:1を目安にしてくださいね。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.