アトピー性皮膚炎と食事。

こんにちは、清原です。

アトピー性皮膚炎の治療は外用・内服などの薬物療法やスキンケアが基本ですが、私たちの体を作っている食事のバランスを見直し腸内環境を整えておくことも大切です。

また、食物アレルギーのある方は、アレルゲンに該当する食物を避けることはもちろんですが、食物アレルギーが無い方も、食事にはぜひ気を配ばってくださいね。

私はファスティングマイスターと健康美容食育士でもあるので、語りだしたらキリがないのですが💦ここではリーキーガット症候群についてお伝えします。

私たちの体の免疫力の7割は腸にあります。7割ってすごく多いですよね。なぜそんなに集まってるかというと、腸には外界から直接様々な物質が入って来るからです。

腸は食事中の毒素や微生物が体内へ侵入するのを防ぐためのバリア機能を持っています。それが様々な理由によりこのバリア機能が低下した状態のことをリーキーガット(Leaky 漏れやすい Gut 腸)症候群と言います。

リーキーガットは、腸だけでなく全身に影響し様々な症状を引き起こすために、「症候群(ある病的状態の場合に同時に起こる一連の症候)」として扱われます。腸から漏れ出した異物が全身を駆け巡り様々な反応を起こすため、下痢などの腸にとどまらず、うつ、アレルギー、自己免疫疾患など様々な全身症状を引き起こします。

原因としては、「グルテン」「乳製品」「砂糖」「ジャンクフード」が挙げられます。

特にグルテン(小麦粉)は、控えめにしたい製品です。小麦粉に水を混ぜてこねると、ねばーっとしてきますよね、あの粘り気はグルテンのためなんです。

腸の粘膜上皮にはタイトジャンクションという強固なたんぱく質が隙間を埋めています。 これが不必要な有害菌、抗原となるたんぱく質などが体内に入るのを防いでいます。このタイトジャンクションを開いて、 腸粘膜細胞の間を物がすり抜けられるようにしてしまうたんぱく質(ゾヌリン)が、グルテンには含まれています。

できるだけ、グルテンを控えるように、主食は米、餅、十割そば、ビーフンなどを選びたいです。和食はグルテンフリーにしやすいのでオススメですよ。ちなみに私は「ほどほど」を目指していて、普段は3食ご飯ですが、小麦粉(パン、パスタ、うどんなど)を食べる日もあります。

また、腸内環境を整えるには「ファスティング」が効果的です。ファスティングは一定期間、胃腸を休めることにより、老廃物や毒素が排出され、腸内環境がリセットされた後に、腸に良い食事を取ることでリーキーガット症候群の改善が促進されます。うまくできれば本当に心身ともに研ぎ澄まされたようにスッキリするので、ぜひオススメです。ただし自己流の危険なファスティングは避けてください。ぜひぜひ当院の清原にご相談くださいね。メルアドは hykwiin@outlook.jp です♪

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.