そろそろしもやけ対策を。

こんばんは、清原です。

朝晩、冷え込むようになってきましたね。

しもやけになりやすい方は、そろそろ対策を始めましょう。

しもやけ(凍瘡)とは、冷え込む季節に手足の指や耳など体の末梢部分が赤紫色に腫れるもので、ひどくなると水ぶくれができることもあります。いたがゆさを伴い、入浴時などの暖まった際にかゆみがひどくなります。冷えによる血液循環の悪化が主な原因ですが、遺伝的な体質なども関係します。

靴下などを濡れたままにしておくと、冷えてしもやけの誘因になるので、汗かきのお子さんなどは靴下が湿ってきたら乾いた靴下に取り替えるといいでしょう。

治療は血流を改善させる外用剤(ビタミンE、ヘパリン類似物質)、内服薬(ビタミンE、漢方薬)で行います。かゆみを伴う場合、中等度の強さのステロイド外用も併用します。保温や運動で冷えを防ぐことも大切です。

しもやけは朝晩の寒暖差が強い時期から見られやすいので、予防のために早めに皮膚科でお薬をもらってくださいね。私も冷え性で、モコモコ靴下を履いたり、ビタミンEを飲んだりしてます。あとはストレッチしたり、電動自転車を減らしたり、ちょっと多めに歩いたりしてます。一緒にがんばりましょう!

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.