かさかさして体がかゆい・皮脂欠乏性湿疹。

おはようございます、清原です。

肌が乾燥してかゆくなる季節ですね。私もいい年になりましたので、秋から春にかけては入浴後に体に保湿クリームを塗らないとかゆくなります。手もこまめに保湿クリームを塗っています。

なぜ、肌が乾燥するとかゆくなるんでしょうか?

肌の表面には角質層という細胞の層があり、その外側を皮脂がおおっています。皮脂は体から出る「天然のクリーム」として、角質層の水分が逃げないように保護してくれています。

角質層には「バリア機能」があります。「バリア機能」とは、外からの刺激やアレルゲンを防ぐ役割のことです。

皮脂の分泌の低下や角質層の水分の低下により肌が乾燥すると、「バリア機能」も損なわれて外からの刺激やアレルゲンが肌の中に入り込み、かゆみを引き起こします。かゆみを感じて掻いてしまうと湿疹ができ、さらにかゆくなってまた掻いてしまうという悪循環に陥ります。
乾燥肌が悪化する前に保湿ケアで予防することや、湿疹になってしまった時に早期に治療することが大切です。

乾燥や湿疹の状態によって薬を調整して処方しますので、症状が軽くてもひどくても、ぜひご相談くださいね。

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.