「ミネラル」ファスティングとは

こんにちは、清原です。

今日はミネラルファスティングについてお話します。

ファスティングでは、代謝に必要なミネラル・ビタミンを補うことが重要です。

ミトコンドリアが脂肪からエネルギーを作る際に、ミネラルやビタミンが必要になるからです。

水だけの断食ではそれらが補えなくて危険です。

当院のファスティング専用ドリンクには、ミネラルやビタミンを豊富に含んでいます。

また、オーガニックの野菜、ハーブ、果物を使用し、数十種類の乳酸菌や酵母で発酵熟成させて低分子化されているので、胃腸に負担をかけにくいのです。

安価な酵素ドリンクには、添加物を含んでいるものもありますので、気を付けてくださいね。

重要な栄養素は、「マグネシウム」と「MSM(メチルスルフォニルメタン)」、そして「L‐カルニチン」です。

マグネシウム
300種以上の酵素の働きに不可欠であり、体内で多くの代謝に関わります。
エネルギー生産やデトックス、細胞の修復など、ミネラルファスティングの柱となる栄養素です。

【多く含む食品】
豆類、玄米、ゴマ、青菜類、ノリ、ワカメなど

MSM(メチルスルフォニルメタン)
M様々な食材に含まれるイオウ成分を含んだ物質です。イオウは人間の体内のたんぱく質に含まれるミネラルで、皮膚、髪、爪の形成に働きかけます。また、糖質や脂質の代謝をサポートする役割もあります。

【多く含む食品】
豆類、ネギ、タマネギ、ニンニク、ブロッコリー、白菜など

L-カルニチン
脂肪を燃焼するミトコンドリアへと脂肪を運び、エネルギーを生み出す上で欠かせない成分です。そのため、不足するとエネルギーが効率良くつくられず、体のだるさや息切れ、疲労感などの症状が現れます。

【多く含む食品】
アサリ、アボカド、マッシュルームなど

なお、ファスティングで消化管をきれいにした後は、きれいをキープしたいですよね。

ファスティング後の食事もとても重要です。それは、2回目のカウンセリングの食育・食養生でお伝えします。

私は2回の3日間ファスティング(今年3月始めと6月始め)で5キロ減り、その後も体重をキープし、体脂肪はファスティングをしない時期でも減り続けています。

(もともとの体脂肪量が多かったのもありますが・・・汗)

ただし個人差はありますので、私より結果がすぐに出ない方も、また、私よりいい結果が早くから出る方もおられると思います。

本当にいいものなので、ぜひ、多くの方にファスティングを正しく知っていただき、やっていただき、

健康貯金を増やし、健康寿命を延ばし、医療費を削減していただきたいと願っています!

京都丸太町/皮膚科・外科 早川医院

〒604-0002
京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地
〈地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 徒歩3分〉
駐車場6台
tel.075-256-1752
fax.075-241-1640

診察時間
10:00〜12:30 ×
18:00〜19:30 × × × × ×

※ 火、木、土の午前は予約診療です

早川医院 〒604-0002 京都府京都市中京区室町通竹屋町下ル鏡屋町28番地

Copyright© 早川医院 All Rights Reserved.